DICE

NEWS

2020.06.15 お知らせ NIMSが発信する材料データプラットフォームDICE (ダイス)のWebサイト公開について
~ マテリアルズ・インフォマティクスを利用した材料開発の課題解決に糸口を ~

概 要

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 (NIMS) 統合型材料開発・情報基盤部門 材料データプラットフォームセンターでは、材料分野におけるデータ駆動型研究の促進に貢献する、材料データプラットフォームDICE (ダイス)のWebサイトを、2020年6月15日から公開いたします。 https://dice.nims.go.jp/

DICEは、材料データの入り口 (集まる) から出口 (使う)までを一貫して扱う前例のないシステムです。入口としては実験・計測装置からの取り込み、文献からの取り込み、機関レポジトリからの取り込みなど、複数の情報源からのハイスループット・ハイクオリティー収集・登録システムを実装するとともに、データをRDF*形式で階層的、構造的に理解し、かつLinkedData**など情報工学的手法によってデータ間を繋ぐことで、格納データの高付加価値化を目指しています。また出口側として、データ可視化システムや各種解析ソフトウエアを整備・提供するのみならず、マテリアルズ・インフォマティクスに代表される材料開発における課題解決の糸口を与えられるような、システム科学的なサービスを提供することを目指しています。

現時点は、既に皆様にご利用いただいている、「NIMS物質・材料データベース (MatNavi)」および、「NIMS Materials Data Conversion Tools (M-DaC)」、また、同日公開を開始する「Materials Data Repository (MDR)」が、このDICEに組み込まれ、今後、関連情報の発信やさらなるデータ拡充と、様々なサービスをこのDICE上で展開する予定です。

* :Resource Description Framework, 要素間の関係性を記述していく枠組み
**:構造化されたデータ同士をリンクさせて機械処理可能なデータを公開するための方法論

参考情報

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 研究データポリシー

お問合せ先

材料データプラットフォームセンター データサービスチーム (本サイト「お問い合わせ フォーム」から送信してください。)

PAGE TOP