用語 Terminology

work

リポジトリにおけるデータ等のひとまとまり。論文の場合、大抵論文一報が work ひとつ。Work にはメタデータが付与され、ひとつ以上の item (ファイル)を下位に持つ。

A work in the MDR is a logical ‘entry’ in the repository. For example, an academic paper can be a single work. A work has a metadata record which describes the work, and contains one or more items (files).

publication

Work の一種で、論文・プロシーディングス・学会発表スライドなど、一般的に出版物だとされるもの。メタデータモデル詳細: Publication metadata

A type of work that includes journal articles, proceedings, and presentations. See also Publication metadata

dataset

Work の一種で、実験データ・物性データシート・ソフトウェア・マルチメディアなど。 メタデータモデル詳細: Dataset metadata

A type of work that includes experimental data, materials datasheets, software, and multimedia. See also Dataset metadata

item

MDR におけるコンテンツの最小単位。アップロードされたファイルそれぞれがひとつの item になる。Item は必ず work に属し、1つの work には複数の item を持てる。

An item is the smallest unit of content in the repository. You can think of items as files uploaded to the repository. An item belongs to a work, and may be one of many items to belong to the same work.

collection

Work を複数たばねたもの。同じ主題のデータが複数 work に渡って収録される場合、それらをまとめて管理・表示できる。現在、collection の作成は管理者のみが行える。

A collection is a logical group of works. When a subject matter spans multiple works, they can be managed and displayed together by having the works belong to a collection. Creation of new collections are not available to users at the moment.

admin set

Work 管理用の特殊な collection です。ログインユーザーに対しては Work 詳細画面にも “In Administrative Set:” と表示されますが、非ログインユーザーに対しては表示されません。

An admin set is a special collection for administrative use. A logged-in user will see that the works in MDR belong to an administrative set, but this will not be shown for the non-logged-in users.

メタデータ
metadata

リポジトリに収められたデータの内容について表現するための情報。メタデータは書誌情報的なもの(発行年やジャーナル名)、管理用のもの(上長名や承認日)、科学的なもの(試料や装置)などに分類でき、MDR は材料科学的なメタデータを用いた研究データの収集・発見を目的の一つにしている。

Metadata is information about content in the repository. Metadata can be bibliographic (e.g. publication date and journals), administrative (supervisor approval), or scientific (specimens and instruments). MDR aims to provide a system where research data are stored and searchable with materials-scientific metadata.

DOI

Digital Object Identifier の略で、インターネット上のドキュメントに与えられる恒久的な識別子。特に論文に付与される事が多い。https://doi.org/ の後に DOI を書き加えた URL にアクセスすると実際にそのドキュメントが入手できる URL に転送する機能を備える。

A Digital Object Identifier is a persistent identifier for documents on the Internet. It is especially common for academic papers to be assigned a DOI. By accessing the URL where the DOI is appended after https://doi.org/, the user can be redirected to the URL which actually hosts the document.

ORCID

Open Researcher and Contributor ID の略で、研究者個人を識別するための識別番号。同姓同名の研究者が存在する場合や改名した場合などでも研究者を特定することが出来る。 https://orcid.org/

Open Researcher and Contributor ID (ORCID) is an identifier for individual researchers. This is useful to tell researchers apart even when they have the same name or when a reseacher changes their name. https://orcid.org/

ライセンス
license

著作権者が利用者に対して一定の条件で著作物の利用を認める行為、およびその許可と条件を記した文書。

Note

一般的に著作物は、著作者がそれを複製・翻案・公衆送信する権利を独占します。論文等の場合、その執筆者は論文掲載にあたって出版社に出版を許諾する契約を結ぶか、権利そのものを移譲することになります。後者のパターンで出版者が全権利を留保 (All rights reserved) する場合、読者による論文の再配布などが制限されるのはもちろんのこと、執筆者にも自身の論文の再利用や配布などに制限が課されます。

一方近年では研究成果の自由な流通や幅広い活用を促進する観点から、許容される利用方法を指定したライセンスを定めてその範囲内において利用者に複製・再配布等を認めるモデル (Some rights reserved) を採用する論文誌が増えつつあります。特に Creative Commons license と呼ばれるライセンス体系がよく普及しています。

When a copyright holder allows other people the right to share, adopt, or otherwise use the copyrighted work, this action is called licensing and the document that details the conditions is called a license or a licence. For academic papers, the copyright holder may be the author or the publisher, depending on the exact agreement between them).

Creative Commons license

CCライセンス とも。著作物の再利用を促進する観点から、著作者が自らの著作物の再利用を許可するという意思表示と、そのときに利用者に課する条件の提示を手軽に行えるようにするための ライセンス 体系。全権利留保 (All rights reserved) と全権利放棄 (Public domain) の中間、いわば “Some rights reserved” を実現する手段として広く用いられている。利用者に課す条件は下記4通りの組み合わせで選べる。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは (Creative Commons Japan)

Creative Commons license is a system of licenses which allows copyright holders to offer their contents under more relaxed conditions than “all rights reserved” but retain more rights than releasing them to the public domain – hence “some rights reserved”. The licensor can choose a combination of four conditions summarized in the table below. For details, see https://creativecommons.org/

BY

表示

Attribution

作品の氏名・題名等を表示すること

SA

継承

ShareAlike

改変版も原作品と同じライセンスで公開すること

NC

非営利

Noncommercial

非営利目的での利用に限定

ND

改変禁止

NoDerivatives

原作品を改変しないこと

著者版
author’s version

論文投稿のために著者自身が作成した、著者の手元にあるバージョン。 査読前著者版査読後著者版 (著者最終稿)に分けられる (Fig. 1)。

The version(s) of a paper by the author(s) themselves. Preprints and postprints are both author’s versions.

出版者版
publisher’s version

出版社版 とも。論文が雑誌に掲載される際の、レイアウト組みやページ振りなどが施されたバージョン。多くの場合著作権は出版者に帰属するが、論文誌や投稿時に選択したポリシーによっては自由な ライセンス での再配布を認めている場合がある。出版者ごとの著作権ポリシーについては各投稿規定に定められているほか、 SHERPA/RoMEO学協会著作権ポリシーデータベース (SCPJ) によって手軽に調べることができます。

The version of a paper with layouts and pagination for inclusion in a journal by the publisher. In most cases the rights are transferred to the publisher, but some publishers allow redistribution and archiving under a free license. For a quick per-publisher listing of copyright policies, see SHERPA/RoMEO or Society Copyright Policies in Japan (SCPJ).

査読前著者版
preprint

まだ査読を受けていない論文 著者版 原稿。

An author’s version before peer review.

査読後著者版
postprint

著者最終稿 とも。アクセプトされた/既にジャーナルに掲載された論文の 著者版 原稿で、出版者が編集・レイアウト組み等を施していないバージョン。

Also known as the author’s accepted manuscript. An author’s version that passed peer review and has not been edited/typeset/branded for inclusion in a journal.

_images/manuscript-versions.png

Fig. 1 Paper review/publishing workflow and manuscript versions.

RDF

Resource Description Framework (資源記述の枠組み) の略で、WWW 上で情報を表現するための標準的な枠組み。RDF で構造化されたメタデータをリンクさせることで機械可読なデータの取り扱いが可能になる。MDR 上では全てのメタデータを RDF として格納している。

Short for Resource Description Framework, a standard model to express information on the WWW. By linking together metadata using RDF, we can let computers deal with data efficiently. MDR stores all metadata using RDF.

MatVoc ID

材料語彙ウィキ MatVoc(開発中)にて定義される材料語彙 ID。MDR のメタデータには MatVoc ID を格納できるフィールドが設けられており、今後の開発でより密に材料語彙によるメタデータ管理ができるようになることを目指している。

Vocabulary ID managed by MatVoc, a materials vocabulary wiki, currently under development. MDR’s metadata model contains fields for MatVoc IDs in order to facilitate vocabulary-assisted metadata management.